top of page

桐九曜紋散唐草文鍔(鐔) 無銘 肥後

 肥後金工、柘植吉勝が得意とした、酸を使って文様を描き残す焼き手腐らしの手法。木瓜形の赤銅地を埋め尽くす唐草の中に桐紋と九曜紋が散らし置かれている。光の当たり方で磨地の紋がはっきりと浮かび上がって見えるのも面白い。どことなく西洋的な趣も洒落ている。

桐九曜紋散唐草文鍔(鐔) 無銘 肥後
bottom of page