top of page

栗鼠図目貫 無銘 古奈良

 古奈良と極められた赤銅地容彫の本作は、打ち出し強く、際端引き絞られて立体的。体より大きな尻尾に施された流れるような毛彫が見事。ギュッと引き締まった黒一色の体はいかにも敏捷そうで、今にも動き出しそうである。古奈良とは、寛文・延宝頃に活躍した利宗、利治、利永等を指し、この門流から利寿、乗意、安親、政隨らの輩出をみた。

栗鼠図目貫 無銘 古奈良
bottom of page