柳に鷺透図鐔 銘 仙寿作

 柳村仙寿師は古名作の彫物を再現し、あるいは新たな題材と意匠を創案して高い評価と人気を得、刀身彫刻において無鑑査に、さらに岡山県指定重要無形文化財に認定された。この鐔は、赤坂鐔独特の風合いを手本として洒落た陰影を追求した作。鉄色黒く、焼手腐らかしによって層状の鍛肌が鮮明に表されており、鷺の小魚を探す水辺の雰囲気と、枝垂れ掛かる柳の樹相を印象深く表現している。

柳に鷺透図鐔 銘 仙寿作