柏葉透図鐔 銘 越前住記内作

 権兵衛と個銘を切り添えた作があることから権兵衛記内と称される、江戸時代前期から中期に活躍した、いわゆる初代高橋記内の作(注)。図柄は柏葉を風折れ状に組み合わせただけの簡潔な構成。鉄色黒く光沢があり、耳には鉄骨風の肌が現れて景色を成し、質の良い素材が図柄に力を与えている。描法は記内に伝統的な肉彫で、櫃穴を活かした表現が魅力。

柏葉透図鐔 銘 越前住記内作