枯木達磨図鐔 銘 山城国伏見住金家

 鍛えられた重厚な鉄肌のみが持つ質感が指先に伝わり来る。カランと乾いた響音は古甲冑師に通じる特徴。微妙に角度を変えただけで達磨の表情が変化し、枯木も灯明によって強く認識されたり自然に背景に溶け込んだりと妙趣が感じられる。裏面は多宝塔の遠景と川下りの小舟で、これも金家らしい京近郊の風景図。前歯の上にわずかに見える銀の小さな筋は、周囲の鉄が錆化して嵌入した銀の歯が脱落するのを防ぐため、二本の歯を一体構造として嵌め込んだ基礎部分である。『金家の神技』の著者も本作の達磨の歯について「前歯は二枚である。写真だけで見ると四枚のように見えるが、銀錆が地鉄の方に横まで広がっているためである」とのみ記しておられ、銀の一体構造であることに気付かれていないようである。また、重要文化財指定の達磨の歯の上部にも鼻髭のように見える同様の銀金具が施されており、金家の周到さが伺い知れて興味深い。

枯木達磨図鐔 銘 山城国伏見住金家