林和靖図鐔 銘 藻柄子入道宗典製 江州彦根住

 和漢の歴史人物や伝説を題に採り、重層的な構成で奥行き感と広がりを図の要としたのが藻柄子宗典。この鐔は、西湖の湖畔に隠棲し、庭に梅を植えて鶴の飛来を愉しんだという林和靖と、薬種に通じ多くの貧しい人々の病を治した董奉を題に得た作。董奉は虎を飼い馴らしていたという。鉄地を彫り込み、人物や風景を立体的に表現し、殊に人物の顔や手足に動きがあって表情が豊か。濃密な金銀の象嵌で処理された背景も魅力的

林和靖図鐔 銘 藻柄子入道宗典製 江州彦根住