松竹片喰紋散図鐔 銘 正阿弥重春

 重春は京都に栄えた正阿弥派の流れを汲む金工で、同派の特徴でもある事物の文様表現を高彫表現するを得意とした。この鐔が典型的作風で、素銅地を石目地に仕上げるのもこの工の特質。歳寒三友図を想わせるこの鐔は、松と竹に添える梅の代わりに片喰(酢漿草)紋を配した作。松樹と洒落た風情の松毬も新古の調和があるが、裏面の輪に構成した竹の美観が優れている。雪輪文で冬の風情とした櫃穴も美しい。

松竹片喰紋散図鐔 銘 正阿弥重春