松樹図鐔 無銘 甚五 (肥後)

老松は肥後金工志水甚吾の得意とした題材。松樹は多く見かけるが、単に猛禽類の添景として彫り描いただけではなく、明確な存在感を認識して作品化していた。この鐔でも、鍛え強い鉄地を肉彫とし、鍛えた鎚の痕跡を残して景色とし、さらに焼手腐らかしで鉄の活きた肌合いを鮮明にし、要所に銀の布目象嵌を施して松葉の生命感を表現している。鉄色黒々とし、鍛え目の合間に穏やかな鉄骨が窺え、耳には筋鉄骨が加わり素材美も魅力。
保存刀装具鑑定書(甚吾)

松樹図鐔 無銘 甚五 (肥後)