top of page

松に猛禽図鐔 銘 高瀬栄寿(印)

 武家の頂点たる将軍を意味する鷹。その老松に翼を休める様子を彫り描いた作。極上の赤銅地を肉厚に地造りし、主題の猛禽と老松を極肉高に彫り出し、苔生した松樹の質感を写実描写、広げた翼の一枚一枚、胸毛の柔らかな様子まで細密に、さらに鋭い爪と嘴を金色絵で印象強く表現している。高瀬栄壽は伊左衛門と称し、水戸金工の出身らしく写実表現を得意とした名人。

松に猛禽図鐔 銘 高瀬栄寿(印)
bottom of page