東下り図大小鐔 銘 宗寿(花押)

 在原業平は自らの足で東国を歩いた数少ない歌人。旅路の感動を求める一方、富岳を眺め離れてゆく都を想い浮かべて涙したというこの場面はあまりにも有名。赤銅地を深く彫り込んで主題である業平を立体的に彫り表し、金銀素銅の色絵を加え、聳え立つ霊峰は高彫銀色絵。清く澄んだ大空は魚子地、波は遠くへ行くほどに細かな描写。
 作者の横谷宗寿は米沢の金工。

東下り図大小鐔 銘 宗寿(花押)