札散図鐔 銘 西陣住埋忠重吉

 装飾の施された小札を題材に、京において育まれた文様美を展開した鐔。埋忠一門は本作のように古典的な題材を上品な文様として表現するを得意とした。重吉は、埋忠重義の門人であろう。鍛えた鎚の痕跡に石目地を施した地鉄は色合い黒く一段と古風な表情をみせているが、高彫された小札の金布目象嵌による文様は極めて細い線象嵌で、金の色合いも微妙に違えており繊細で緻密。

札散図鐔 銘 西陣住埋忠重吉