top of page

月見観瀑図大小鐔 銘 菊川南甫[印]

 南甫は清蔵あるいは治兵衛と称し、初め遅塚久則に学んで久英と銘を切り、後に菊川宗吉に師事して技量と感性を高め、菊川を名乗るを許されている。南甫は晩年の号。この大小鐔は李白の詩を題材とした作。小鐔は、酒を友に深山に分け入り廬山の瀑布を眺めた李白が主題。一方大鐔は、「擧頭望山月(頭を挙げて山月を望み) 低頭思故郷(頭を低れて故郷を思ふ)」と詠んだ「静夜思」に取材した図。極上の赤銅地は清く澄んで透明感があり、山水の手法で瀧と遠く霞む月を高彫に金銀の象嵌で精巧に彫り描いている。南甫の得意とした木々の茂る様子など添景の描写も精密で、細かな鏨を打ち込む処方に妙味が感じられる。

月見観瀑図大小鐔 銘 菊川南甫[印]
bottom of page