top of page

文字透図鐔 無銘 尾張

 文字を意匠化した透鐔は、尾張、金山鐔に比較的多くみられる。中低になった大きな小判形の切羽台を挟んで上下に「生」、左右に「朱」を対称に配した本作。叩き締められ強みのある地鉄は耳に粒状の鉄骨を現している。文字の先端を剣や雁股の鏃の形に意匠した明瞭簡潔で力強い透。「朱」は古来より強い生命力や魔除けを意味する色。作者はどんな思いを込めてこの鐔を作ったのであろうか。そして使用者は…。

文字透図鐔 無銘 尾張
bottom of page