文字刻印散図鐔 銘 早乙女家貞

 甲冑師早乙女家貞の、甲冑師らしさが良く表れた頑丈な造り込みの作。鍛え強い鉄地を叩き締めて強靭な鉄板に仕上げ、その表面に鏨を打ち込んで文字を浮かび上がらせ、さらに焼手腐らかしを加えて地の変化を鮮明にしている。鉄色黒くねっとりとした光沢があり、鑑賞する掌にその質感が伝わりくる。打ち返された耳には穏やかな鉄骨が現れている。

文字刻印散図鐔 銘 早乙女家貞