top of page

撫子唐草図縁頭 無銘 古美濃

 古美濃の縁頭は、概して縁の腰高が低く頭も浅い。本作も然り。高彫は垂直に鋤き出され、漆黒の赤銅地に浮かび上がって見える。これもまた古美濃の特徴。愛らしい撫子の花を躍動的な唐草文様でつないだ鋤出高彫は薄い金地を蝋付けした金色絵。鮮やかな金色は赤銅地に良く映え、縁に廻らせた金小縁と共に古風で奥床しい文様に華やぎを与えている。

撫子唐草図縁頭 無銘 古美濃
bottom of page