top of page

影蝶透図鐔 銘 八代甚吾作

 志水甚吾茂永が得意とした影蝶透。志水家五代目茂永は、文政六年に家督を継承し細川家のお抱え工として優品を遺している。この鐔は、鉄地をなだらかな泥障形に造り込み、地面を大胆に透かし去って蝶の乱舞する様を文様表現したもの。その耳と切羽台とを繋ぐ筋は細く洗練味があって美しい。切羽台から耳に向かって碁石形に薄く鋤き込み、地面から一段高く土手耳に仕立て、銀の布目象嵌により雷文を廻らしている。銘字の他、上下を特殊な形状に仕立てた茎櫃も茂永の特徴である。

影蝶透図鐔 銘 八代甚吾作
bottom of page