top of page

巻物散図鐔 銘 長州萩住糸賀作

 奇正と題された巻物を題に得た風格のある鐔。切羽台に比して耳際をわずかに薄く仕立てた穏やかな碁石形の造り込みとし、表面には焼手を加えたのであろうか、石目地風の変化に富んだ表情があり、この鐔の魅力の一つとなっている。地の鉄色黒く重厚感があり、散し配されている漆黒の巻物は赤銅地高彫に金銀の色絵で、石目地に浮かび上がる描法。糸賀(いとが)家には文政頃の友幸があり、その他友久などの工銘の刻された作品が遺されている。

巻物散図鐔 銘 長州萩住糸賀作
bottom of page