巴透図鐔 無銘 尾張

 力強い動きにより生命感を内に秘めていることから広く好まれた巴文の図。この鐔は左右非対称に意匠し、しかも大小形状の異なる巴を組み合わせることによりその動きをさらに高めた作。地鉄は色合い黒くねっとりとし、地面には鍛えた鎚の痕跡が残り、耳、耳際、切羽台の一部にも鉄骨が現れ、殊に耳の鉄骨は色合い黒々として地面を突き破るように力強く、素材の魅力が充溢。小柄笄の櫃穴も常に比較して大きく、時代の遡る風情が全面に漂っている。

巴透図鐔 無銘 尾張