左右菱透図鐔 銘 埋忠宮内南蛮鉄作

 京都西陣において、我が国の伝統的文様美を鐔の装飾として栄えたのが埋忠派。碁石形に耳際を薄手に仕立て、焼手によって流文状の鍛え肌とし、大透かしに金布目象嵌で菱形に縁取りして瀟洒な風合い。南蛮鉄を用いているのは珍しい。 
保存刀装具鑑定書

左右菱透図鐔 銘 埋忠宮内南蛮鉄作