top of page

宝相華文七宝象嵌縁頭 無銘

 牡丹、芍薬、芙蓉、蓮などの美しい部分を組み合わせた想像上の花である宝相華を色とりどりの七宝象嵌で表した作。七宝という技法と相俟ってエキゾチックな趣がある。平田道仁を初祖とする平田家一子相伝の技であった七宝象嵌も江戸後期になると江戸、尾張、平戸などでも作られるようになる。本作もそのような作であろうが、道仁以前の泥七宝を思わせるやや不透明でスモーキーな色彩が魅力である。濃緑の地に金線で縁取られた朱、水浅葱色、藤色、金青(こんじょう)の宝相華。やや紫色を帯びた深い青の金青が殊更に美しく、目を引く。

宝相華文七宝象嵌縁頭 無銘
bottom of page