宝尽文透図鐔 無銘 古赤坂

 江戸時代初期に京都から江戸赤坂に移住し、独特の印象的な構成からなる透彫で人気を博したのが初代忠正。二代目忠正、三代目の正虎までは銘がなく、瀟洒で力強い作を遺していることから、これら三代までを古赤坂と呼び慣わしており、人気も高い。文様だけでなく色黒く力強い鉄味も魅力。 
保存刀装具鑑定書(古赤坂)

宝尽文透図鐔 無銘 古赤坂