top of page

宇治川先陣図鐔 無銘 玉川派

 極上質の朧銀地を品位の高い碁石形に仕立て、表面を微細な石目地仕上げとし、量感のある高彫で京の木曽義仲を攻撃する義経軍を写実的に彫り描いた鐔。佐々木高綱と梶原景季の姿を精巧緻密に彫り出し、拡大鏡でなければ分からないような細部も、巧みな鏨使いで表情まで再現している。金銀素銅の色絵に加え、橋板の落とされた宇治橋の寒々とした様子も効果的。水戸金工の特徴が良く示され、和漢の古典を題材とした玉川派の作と極められている。

宇治川先陣図鐔 無銘 玉川派
bottom of page