top of page

太刀折紙透図 無銘 林

 緊密に詰んだ鉄地を平滑に仕上げ、その表面には鍛えた槌の痕跡を残し、更に荒い石目地を加えて自然な肌を生み出し鐔面の景色としている。施されている簡潔な透模様は太刀とその折紙とみられ、下方に腕抜緒の小穴も設けられている。透の切り口は鋭いが、所々が時を重ねて朽ちかけ、ここにも意図を超越した景色が見出せる。肥後林又七派の地鉄はとくに強く古寂な風合いがあり、これを掌中にて再発見するという楽しみ方は多くの数奇者の心を捉えて離さない。

太刀折紙透図 無銘 林
bottom of page