top of page

大黒天図小柄 銘 宗與(花押)

 横谷宗與(そうよ)は友貞と称し、初代宗與の門人であった宗寿の子で、後に宗珉の養子となって横谷宗家を継承。宗珉が得意とした強弱変化のある片切彫を、宗與もまた巧みとし、宗珉に紛れる人物に題材を得た精気溢れる数多の作品を遺している。この小柄が好例で、福徳の象徴でもある米俵に乗って小槌を振る大黒様を彫り描いた作。微細な石目地処理によって渋い色調を呈する朧銀地を縦図とし、繊細緻密な毛彫と片切彫で髭に包まれた顔の細部まで表現、殊に笑みを湛えた目が優しい。対して衣服は太い片切彫で動感豊か。裏板まで描写。 

大黒天図小柄 銘 宗與(花押)
bottom of page