大根図鐔 銘 吉岡祐俊

 鐔の画題としても、デザインにおいても面白い作品。そもそも大根は薬種として捉えられており、後藤家の作品にも見られるように武家の道具に好まれて描かれた題材。この鐔は、掘り出されたばかりの瑞々しい大根を、鋤彫と肉彫によって写実的に彫り描いた作で、背景の地模様は中心から放射状に広がる大根の切口を想わせる。素銅地は風合い渋く、鋤き残した耳を打ち返したような自然味のあるなだらかな構成線も美しい。吉岡祐俊は数少ない筑前金工。

大根図鐔 銘 吉岡祐俊