top of page

夜梅図小柄 銘 後藤光美(花押)

 冬の夜の冷たい空気。日没後の、まだ青みが残る空に沈みかかる三日月。その微かな光に照らし出された梅。背景の赤銅魚子地は静寂と淡い梅の香を暗示している。作者は後藤宗家十五代光(みつ)美(よし)。江戸後期、後藤家も古典的な作風から脱却した瀟洒な風景図(十三代光孝に杉田梅林を題材にした図がある)等を製作している。清楚で落ち着きがあるこの小柄も、彫口鋭く宙を這う枝に臥龍のような動きがあり、花開く様子は精密。田舎くささが感じられないのは風格のある竹垣を添景としているところであろう、これも美しい。

夜梅図小柄 銘 後藤光美(花押)
bottom of page