壺透図鐔 無銘 金山

 硬軟質の異なる鋼を鍛え合わせたものであろう、ねっとりとした質感に包まれている。鍛え叩き締めた鎚の痕跡が地面に浮かんで穏やかな鉄骨が現われ、耳の抑揚ある鉄骨へと連続。造り込みは小振りに引き締まって拵の備えとしては最適。図柄は酒壺であろうか、左右対称の透かしが美しく、実用に適しているのみならず道具を超えた存在感がある。 
特別保存刀装具鑑定書(金山)

壺透図鐔 無銘 金山