四鐶透文字散図鐔 銘 熊本住良弘 安永六年酉十一月日

 良弘は西垣を冠する金工の一人で、本作の他、明和四年、安永九年の年紀作を遺しており、西垣門下でも高位の立場にあった工と思われる。作風は、林又七を思わせる鍛え強い鉄地からなる安定感のある造り込みに金布目象嵌を配するを常としている。

四鐶透文字散図鐔 銘 熊本住良弘 安永六年酉十一月日