唐草牡丹文金具床几

 戦場における上級武将の携行椅子を、床几または胡床と称する。本多忠勝や鳥居元忠、結城秀康など多くの戦国武将が甲冑に身を包み、床几に腰掛けた肖像画を遺している。交差させた黒漆塗の支柱に黒漆仕立ての革座を設けたこの床几は、漆黒の赤銅金具に品の良い片切彫で唐草文と牡丹文を装飾とした極上の造り込み。状態良く上質の赤銅金具になる床几の遺例は極めて少ない。

唐草牡丹文金具床几