唐草唐花文図鐔 無銘 応仁

 応仁鐔は室町時代中期の応仁頃に製作が始まったとされ、文様を鉄地に真鍮の点象嵌と線象嵌で表した独特の造り込み。
 この鐔は、唐草文を全面に廻らした大胆な意匠で、薄手にして形も古調なところが応仁と極められた要点。

唐草唐花文図鐔 無銘 応仁