top of page

双龍図鍔(鐔) 無銘

 切込み浅めの木瓜形は、大振りで薄手。黒々とした地鉄は槌目を残し、それらが得も言われぬ抑揚となって龍が出現する神秘的な空間を演出している。引き締まった胴体で鐔の耳に絡む二頭の龍。際端を絞った高彫は立体的で、鋭い爪、火炎、鱗の一つ一つも丁寧に彫られている。上下に展開する龍は阿吽の吉相を表している。

双龍図鍔(鐔) 無銘
bottom of page