top of page

十字猪目透三引両松毬文図鐔 無銘 応仁

 薄手の地鉄は鎚の痕跡と錆が働き合って質朴な趣があり、指先で弾くとカランと古調に響く。図柄は浅い切込みと猪目を角形の四方に配し、天地左右に十字を透かし、応仁鐔と分類される特徴でもある真鍮象嵌で古風な文様を散らし施している。この鉄と真鍮の組み合わせになる妙なる色彩こそ最大の魅力。耳と透かしの周囲には細い線象嵌を縁のように廻らし、松笠と松葉、三引両の家紋は猪目との組み合わせで、複雑にして品位が感じられる。キリシタン鐔を想わせる透かしの空白も活きている。 

十字猪目透三引両松毬文図鐔 無銘 応仁
bottom of page