top of page

勧進帳図小柄 銘 正辰花押

 ご存知『勧進帳』のクライマックス。安宅関を通る為、本来従者である弁慶が主人である義経を打ち据える苦渋の場面を肉置き豊かな高彫に象嵌色絵で臨場感たっぷりに描写している。眉を寄せ、歯をくいしばる弁慶の、複雑な思いが交錯した表情が見所。山伏衣装も細部まで実に丁寧に彫り描かれている。表が真鍮地のような変化をつけた素銅磨地、裏は赤銅磨地の昼夜造で構成され、裏面は強弱深浅抑揚のある片切彫りと毛彫で表側から続く情景を描いている。政辰は石黒政常の門人で石黒姓を許され、後に横谷英精にも学び横谷姓も名乗った巧手である。

勧進帳図小柄 銘 正辰花押
bottom of page