冊子透図鐔 銘 紀州住貞命

 紀伊国を代表する貞命は、尾張から紀伊、後に安芸に移住した法安の流れを汲む鐔工と伝え、尾張鐔を基礎としたものであろうか鉄味と意匠の優れた作品を遺している。この鐔は、鉄色黒く光沢強く、簡潔な透かしで冊子を組み合わせただけの意匠ながら妙趣の漂う出来。鍛えた鎚の痕跡が残る地面、古びた響音を呈する素質が見どころ。

冊子透図鐔 銘 紀州住貞命