兵法書散図鐔 銘 防州岩国住片岡忠幸

 『呉子』、『太宗問答』、『三略』の兵法書(注)を散し配した作。江戸時代には古典とも言い得るこれら中国に伝わる書物を教科書として武士は兵法を学んだという。鉄地を抑揚のある石目地に仕上げ、地面を雲の漂うように鋤き込んで一部に布目象嵌を施し、兵法書が浮かんでいるように表現している。鉄色は黒くしっとりとし、兵法書は赤銅、朧銀、金の象嵌で、表面には雅な文様が平象嵌されている。片岡忠幸は作例の少ない周防の鐔工。

兵法書散図鐔 銘 防州岩国住片岡忠幸