兜鉢図鐔 銘 早乙女家忠

 甲冑師を生業とした家忠は、鍛え強い鉄地を活かして家職そのままに兜を意匠した鐔を製作している。この鐔が好例で、鍛鉄を接ぎ合わせたように放射状の筋を立て、四天の鋲と響の穴、さらに可動式の笠印付の環まで象嵌している。色合い黒々とした地鉄は、細かな鑢目を掛けた上に焼手が施されて鍛え肌に伴う地叢が現れ、これも実際の兜の地肌を想わせる風情。鉄の熟しに長けた職人の技が窺える鐔である。

兜鉢図鐔 銘 早乙女家忠