top of page

俵藤太百足退治留守模様図鐔 銘 藤原国重

 藤原国重は江戸中期の武州鐔工。平象嵌の技法を駆使して鐔全面に文様を映し出すを得意とした。この鐔も、俵藤太の伝承を彫り描いた個性的作品。真鍮地を切り込みの深い木瓜形に造り込み、地を鋤き下げて土手耳に仕立て、三上山に潜む大百足を退治した俵藤太が瀬田川に住む龍王より贈られた釣鐘、米俵、宝珠を、琵琶湖の波間と共に印象的な図としている。金銀赤銅の平象嵌は緻密な線描写で、古風な真鍮地と調和している。

俵藤太百足退治留守模様図鐔 銘 藤原国重
bottom of page