二艘帆船図鐔 銘 八道友之作

 長州鐔工は山水図を得意とし、精巧でしかも洗練味のある作品が多い。八道家の友之も技量が高く、正確な構成からなる彫口の鮮明な作品を遺している。この鐔は、緻密に詰んだ上質の鉄地を達磨形(安親による大学形)に造り込み、富をもたらす帆掛け船が荒波を掻き分けて併走する様子を大胆に意匠した作。裏には海に浮かぶ幻の蓬莱島を描いているのであろうか、簡素でしかも洒落た意匠で霧の中に浮かび上がるように彫り描いている。

二艘帆船図鐔 銘 八道友之作