二疋獅子図笄 銘 柳川直時(花押)

 直時は柳川直光の門人で、後に娘婿となって分家を興す。技術優れて師の利左衛門の襲名を許されている。この笄は、横谷系の豪壮華麗な獅子が、牡丹を口にして躍動する様子を表現したもの。歌舞伎でも連獅子が演題としてあるように、獅子の舞う図柄は吉祥、良きことの兆しとして好まれている。色合い鮮やかな金地を打ち出し強くふっくらとした高彫に仕立て、細密な鏨を加味した塑像を、粒の揃った赤銅魚子地に据紋象嵌している。

二疋獅子図笄 銘 柳川直時(花押)