二疋猪図目貫 無銘 後藤宗乗

 祐乗に始まる後藤家は将軍に仕え、その腰にする刀や脇差に装着する目貫、小柄、笄の三所物を製作するを専らとした金工芸術の名流。宗乗は祐乗と並び賞される名工で、かの加納夏雄にして余命がいくらあっても宗乗の神域には達すること能わずと評したと伝う。

二疋猪図目貫 無銘 後藤宗乗