三投桐透図鐔 銘 行年八十二才忠重作 (赤坂)

 赤坂忠好は父忠重に次ぐ高い技量の工。それ故、父の晩年には代作代銘に携わっている。花桐を流れるような構成としたこの図は忠好が得意としたもので、風趣を違えた幾つかの作を遺している。高齢の父忠重に代って子の忠好が製作したものであることが切銘の特徴から知られる。

三投桐透図鐔 銘 行年八十二才忠重作 (赤坂)