top of page

三光透図鐔 銘 氷心子作之 天保五年六月 應奥村君需

 刀工氷心子秀世は田村群平と称し水心子正秀の門人。この鐔は杢目鍛えの肌模様がくっきりと浮かび上がる作。透し模様とされているのが太陽、月、星の三光であれば鍛え肌は大宇宙に立ち込める気であろうか、心象的表現が活かされた作。鉄色黒く光沢強く、鍛えた鎚の痕跡と焼手腐らかしによる肌が複合して表情豊かに、覇気に溢れている。透しの切り口も鋭い。耳には層状に鍛え合せた柾状の肌目が鮮明に表れており、これも力強い。

三光透図鐔 銘 氷心子作之 天保五年六月 應奥村君需
bottom of page