千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

大小一腰

銘 荘司筑前大慶直胤(花押) 時ニ文政十一年五拾才作之

江戸時代後期

文政

出羽国-武蔵国

Naotane

 大慶直胤は復古刀理論の提唱者水心子正秀の高弟。師と同じく羽州山形の生まれで、40歳で水心子正秀に入門。「出藍の誉れ」とも称されていた直胤は師の教えを基に研究を重ね独自の鍛刀論を完成。新々刀屈指の名工として知られる。
 この脇差は文政十一年に特別の需によって打ち上げた大小一腰の小刀で、応永備前盛光を念頭にした作であろう。板目鍛えの地鉄には杢、流れごころの肌を交えて肌起ち、淡く乱れ映りが立つ。
銘 荘司筑前大慶直胤(花押) 時ニ文政十一年五拾才作之
銘 荘司筑前大慶直胤(花押) 時ニ文政十一年五拾才作之