top of page
千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu
日本刀販売専門店

脇差

銘 肥前国忠吉(初代) (最上大業物)

江戸時代初期

(慶長十八年頃)

肥前国

Tadayoshi (The founder)

 五字忠吉こと肥前国忠吉は、肥前藩祖鍋島勝茂侯に見出され、その命で慶長元年上京し、埋忠明寿に師事。帰国後は、鍋島侯の命で来国俊、手掻包永、志津兼氏、備前長義、伊勢村正等の古名刀を範に覇気ある作を手掛けた。本作は伊勢村正を念頭に精鍛されたとみられる。忠吉と共に埋忠門で修業した宗長の手になる彫刻は、龍の発する霊気は健在で迫力に満ちている。
銘 肥前国忠吉(初代) (最上大業物)
youtube_rogo.png
銘 肥前国忠吉(初代) (最上大業物)
bottom of page