千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

銘 肥前国住藤原忠広

江戸時代初期

寛永頃

肥前国

Tadahiro

 五字忠(ごじただ)と尊称され遍く知られる初代忠吉は、慶長元年に鍋島家の命で京の埋忠明壽に入門し、作刀技術を学ぶとともに古名作への見識を高め、後の山城伝、相州伝、大和伝の研究の礎とした。特筆すべきは、鍋島家が他国の要人等へ贈る刀を製作する際、特別な製作指示を受けていること。その場合、武蔵大掾の任官銘を刻すを憚り、「肥前國住藤原忠廣」とのみ切り施している。
銘 肥前国住藤原忠広
銘 肥前国住藤原忠広