top of page
千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu
日本刀販売専門店

脇差

銘 河原田次治應需 田名部清知造

江戸時代後期

(安政頃)

出羽国

Kiyotomo

 角館の名士河原田氏の歴史を物語る一振。
この平造脇差は角館の刀工田名部清知の安政頃の作とみられ、河原田数馬の子弟次治が室内での危急に備えて所持した一振。河原田氏は角館の有力武士。秀吉の天下統一後に秋田佐竹家に迎えられ角館へ移住。幕末、数馬が角館郷校弘道書院教授を勤め、維新後も地元の名士として角館の発展に代々寄与した。
清知は槍を得意としていた刀工。
銘 河原田次治應需 田名部清知造
youtube_rogo.png
銘 河原田次治應需 田名部清知造
bottom of page