千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

太刀

銘 備州長船(以下切政光) 明徳三年八月(以下切)

南北朝時代

明徳

備前国

Masamitsu

 政光は兼光の門人で、兼光同然にみえる肩落互の目を焼いた貞治年紀の短刀や、行の倶利伽羅彫を施した永和二年紀の短刀があり、師風をよく継承した一門中の優工である。極め所としては、兼光に比較して小模様となる刃文を強調する向きがあるが、政光一人の特色というより、刃味の良さの追究から考案された南北朝後期の特有の刃形とみるべきであろう。
銘 備州長船(以下切政光) 明徳三年八月(以下切)
銘 備州長船(以下切政光) 明徳三年八月(以下切)