top of page
千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu
日本刀販売専門店

脇差&拵

銘 備州長船則光 文安四年八月日

室町時代前期

文安四年

備前国

Norimitsu

 則光は備前長舩の刀工で、活躍時期は室町前期永享頃から後期文明頃までの長きに亘っている。映りの立つ精良な地鉄に華麗な焼刃を得意とした則光は、盛光、康光など応永備前と、勝光、宗光など室町後期の備前刀工の間に位置付けられる名手であった。遺作には、美作国の武将鷹取勘解由泰佐の為に打った長禄三年の太刀(重要文化財)等が知られている。
銘 備州長船則光 文安四年八月日
youtube_rogo.png
銘 備州長船則光 文安四年八月日
bottom of page