千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

銘 備前国住長船祐定 永正六年八月吉日

室町時代後期

永正六年

備前国

Sukesada

 茎が短く掌に心地よく収まり、片手で巧みに操作し、至近の敵の鎧の間隙を突くに適し、戦国末期の幅広長寸の刀とは異なる軽快で精悍な構造。
 刃文は浅い湾れに小互の目、小丁子、片落ち風の刃、腰開きごころの刃、蟹の爪形の刃を交えて逆がかる。
 茎はこの時代の備前物らしく栗尻が強く張り、茎長の割に充分な厚みがあり、細鑚の銘字は長の第六画が釣針形に跳ね、与三左衛門祐定の父彦兵衛祐定の銘に似る。
銘 備前国住長船祐定 永正六年八月吉日

Ginza
Choshuya

日本刀専門店

月曜日ー土曜日 
9:30−17:30

〒104-0061 東京都中央区銀座3−10−4

電話番号 : 03-3541-8371
FAX : 03-3541-8379
株式会社 銀座長州屋

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード
© Copyright Ginza Choshuya