千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu

銘 備前国住長船七兵衛尉祐定

江戸時代前期

寛文

備前国

Sukesada(Shichibei no jo)

 遍く知られる与三左衛門尉祐定を輩出した備前国長舩祐定家は、戦国武将の絶大な信頼を得て栄えた名流。天正十九年の吉井川の大水害や、政治文化の中心が岡山城下に移ったために長舩鍛冶は一時勢いを失うも、与三左衛門尉の五代孫に当たる七兵衛尉祐定が、江戸時代初期に頭角を現している。七兵衛尉は元和から寛文までの年紀作を遺しており、備前刀の伝統と祐定家の看板を守り、子の上野大掾以降の新刀祐定家の繁栄の礎を築いた。
銘 備前国住長船七兵衛尉祐定
銘 備前国住長船七兵衛尉祐定